金剛蔵菩薩(こんごうぞうぼさつ)

Vajragarbha

地域・カテゴリ

説明

仏教において賢劫十六大菩薩とされる菩薩の一尊。サンスクリット名を「ヴァジュラガルバ(Vajragarbha)="金剛を擁する"の意」といい、この訳から「金剛蔵菩薩」、「金剛胎菩薩(こんごうたいぼさつ)」と呼ばれる。また音写では「嚩日囉蘖婆野(ばじらぎゃばや)」、「嚩日囉蘖囉跛(ばじらぎゃらば)」と称する。 金剛のように破壊できない絶対堅固な菩提心を象徴する仏尊とされる。金剛界曼荼羅の檀外の北方(右側)の4尊のうち東(下)から二番目に配される。金剛蔵王菩薩と同体とされることもある。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

金剛蔵菩薩(こんごうぞうぼさつ)

ソーシャルリンク