金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)

Vajrayakṣa

地域・カテゴリ

説明

仏教における明王の一。インド神話の「ヴァジュラヤクシャ(Vajrayakṣa)」が仏教にとりいれられたもの。音写で「嚩日羅藥叉(ばじらやくしゃ)」、その他に「金剛薬叉明王(こんごうやくしゃみょうおう)」、「金剛夜叉(こんごうやしゃ)」、「金剛薬叉(こんごうやくしゃ)」、「金剛大夜叉(こんごうだいやしゃ)」とも呼ばれる。五大明王の一尊であり、北方不空成就如来の教令輪身であり、烏芻沙摩明王が物の不浄を食い尽くすのに対して金剛夜叉明王は心の不浄を食い尽くす明王だとされる。像容は三面六臂で、中央の面のみ五目(額に縦の目と左右の目が二段重ね)、左手に金剛鈴、弓、輪宝、右手に五鈷杵、箭(矢)、剣を持ち、両足に蓮華座を踏むが片足は高く上げる。

画像一覧

金剛夜叉明王

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)

ソーシャルリンク