金剛鈴菩薩(こんごうれいぼさつ)

Vajraghaṇṭā, Vajrāveśa

地域・カテゴリ

説明

仏教において菩薩の一尊。サンスクリット名を「ヴァジュラガンター(Vajraghaṇṭā)」ないし「ヴァジュラーヴェーシャ(Vajrāveśa)」といい、「跋日囉犍吒(ばじらけんた)」、「嚩日囉吠捨(ばじらべいしゃ)」などと音写する。また略して「金剛鈴(こんごうれい)」とも呼ばれる。大日如来から流出し、一切衆生を「鈴」をもって喜ばし利益する仏尊とされる。金剛界曼荼羅において四攝菩薩の一尊であり、外廓の北方(左側)に配される。

画像一覧

金剛鈴菩薩 成身会

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

左手を拳にして腰に置き、右手は人差し指だけ伸ばし胸に当てる。

金剛鈴菩薩 微細会

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

右手に鈴を持って胸に当て、左手にも鈴を持って腰に当てる。

金剛鈴菩薩 供養会

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

両手で鈴の乗った蓮を持つ(降羯磨会も同じ像容)。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

金剛鈴菩薩(こんごうれいぼさつ)

ソーシャルリンク