金剛鉤菩薩(こんごうこうぼさつ)

Vajrāṅkuśa

地域・カテゴリ

説明

仏教において菩薩の一尊。サンスクリット名を「ヴァジュラーンクシャ(Vajrāṅkuśa)」といい、「嚩日羅矩捨(ばじらくしゃ)」などと音写する。また「金剛鉤(こんごうこう)」、「金剛鉤召菩薩(こんごうこうじょうぼさつ)」などの名でも呼ばれる。大日如来から流出した鉤心の表れであり、一切衆生を「鉤」をもって釣り利益する仏尊とされる。金剛界曼荼羅において四攝菩薩の一尊であり、外廓の東方(下側)に配される。

画像一覧

金剛鉤菩薩 成身会

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

右手に鉤を持ち、左手を拳にして腰に置く。

金剛鉤菩薩 微細会

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

右手に三鈷鉤を持ち左手は人差し指だけを伸ばし腰に置く。

金剛鉤菩薩 供養会

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

両手で三鈷鉤の乗った蓮を持つ(降羯磨会も同じ像容)。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

金剛鉤菩薩(こんごうこうぼさつ)

ソーシャルリンク