虚空無辺超越菩薩(こくうむへんちょうおつぼさつ)

Gaganānantavikrama

地域・カテゴリ

説明

仏教における菩薩の一尊。サンスクリット名を「ガガナーナンタヴィクラマ(Gaganānantavikrama)」といい、ガガナーナンタは「限りない空」、ヴィクラマは「飛び越す」や「歩み」を意味するため、「虚空無辺超越菩薩」と訳すほか、「越無量虚空菩薩(えつむりょうこくうぼさつ)」、「虚空無辺遊歩金剛菩薩(こくうむへんゆうほこんごうぼさつ)」、「虚空遊歩執金剛菩薩(こくうゆうほしゅうこんごうぼさつ)」などと呼ばれる。また音写では「誐誐曩難多尾迦羅母(ぎゃぎゃのうなんたびきゃらも)」と記される。諸尊を超越するほどの徳を有しまたその徳は広大無辺で限りないが故にこの名を持つとされる。胎蔵界曼荼羅金剛手院の第二行(中央行)第四位に配される。像容は浅黄色の身色で左手に三鈷杵を持ち、右手は与願印を結び、右ひざを立て赤蓮華に坐す。

画像一覧

虛空無邊超越菩薩

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

胎蔵界曼荼羅金剛手院における図像。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

虚空無辺超越菩薩(こくうむへんちょうおつぼさつ)

ソーシャルリンク