コアトリクエ

Coatlicue

地域・カテゴリ

説明

アステカにおいて万物を養い、恵みをもたらす大地の象徴・最高地母神。名の意味するところは「蛇の淑女」。彼女はアステカの守護神である戦神ウィツィロポチトリを出産するという、きわめて重要な行いをなした。また、月の女神コヨルシャウキ、南と北の聖座であるセンツォンウィツナワックセンツォンミミスコアの両神の母ともされる。チマルマンの娘ともされ、シワコアトルテテオインナントシトナンツィンのもう一つの姿ともみなされていた。

コアトリクエは雲の蛇であるミシュコアトルの妻だったが、家の掃除をしているときに彼女のもとに落ちてきた羽根のボールの魔力によってウィツィロポチトリを妊娠した。つまり彼女は「罪を犯すことなく」妊娠したわけだが、そんな母親を恥に思った子供達は母親を殺そうと画策した。しかし生まれてきたウィツィロポチトリはなんと完全武装で、生まれるなり誤って姉であるコヨルシャウキの首を刎ね、他の兄弟姉妹を天に飛ばして星に変えて母の命を救ったという。

雨期を司り、一般に農業と植物に関わる女神である。絡み合う無数の蛇によって織り上げられたスカートをはき、切り取られた人間の手と心臓が交互に並び真ん中に頭蓋骨がぶら下がった首飾りをつけている。その手には鉤爪が備えられており、彼女の常食は人間だった。また、メキシコシティの国立博物館蔵のコアトリクエ像は、うろこで覆われた頭に見開いた小さく丸い目、4本の巨大な牙と先割れした蛇の舌を持っている。大地母神ではあるが、「母なる大地」という一般的には慈愛をイメージさせる言葉からは程遠い姿である。これはアステカの世界観、生命は大地から生まれ、生きるが、それ生命が尽きた時に還る場所も大地なのであるというところから来ている。大地に還った生命は次代の生命を育む糧となる。いかなる存在であろうと、大地の顎からは逃げられない。彼女の姿は残酷な、しかし覆すことの出来ない重要な自然の摂理を体現したものだと言える。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

コアトリクエ

ソーシャルリンク