キシャル

Kishar

地域・カテゴリ

説明

バビロニアにおける大地母神。シュメールにおけるに相当する。男性原理を表す夫のアンシャルと対応して女性原理を表す。語義は「大地の果て」。バビロニアの英雄詩「エヌマ・エリシュ」("高きに居るころ")では、太初の神「ラーム(Lahmu)」と「ラハム(Lahamu)」に続く二番目に登場した夫婦だと謳われている。これらの夫婦はどちらもアプス(真水)がティアマト(塩水)と混じりあったときに誕生した。アンシャルとキシャルから、天空神アヌ、真水の叡智の神エアや空に住む神イギギ、地上と黄泉の国に住む神アヌンナキが生まれた。

この項目のリッチレイアウト

キシャル

ソーシャルリンク