欽䲹(きんひ)

Qīn-pī

地域・カテゴリ

説明

中国で、紀元前に書かれた地理書「山海経」にその名の見える悪神。生きていた時の姿ははっきりしていないが、黄帝の時代にとともに「祖江」という名の神を殺したために黄帝の使者によって退治され、死後は鳥の姿(大きなミサゴ)になったという。欽䲹は凶の兆しとなる怪物の一つであり、欽䲹が出現すると大きな戦争が起こるとされた。頭は白く、嘴は赤く、虎の爪を持っているという。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

欽䲹(きんひ)

ソーシャルリンク