キムナイヌ

地域・カテゴリ

説明

北海道の一部と樺太に住むという山男の一種。名前は「山の人」の意。「キムンアイヌ」、「キムンクッ(山にいる神)」、「キモカイック(山においでになる神)」、「オケン(つるっぱげ)」、「ロンコロオヤシ(禿げお化け)」などの名前でも呼ばれる。巨大な身体のほとんどは毛むくじゃらだが頭だけ禿げており、禿げ頭の話をすると気分を害して山に嵐を起こしたり大木を倒したりして人々を困らせる。しかし基本的には気がよく、しばしば山中で困っている人を助けてくれる。また煙草が大好きで、タバコを吸っている人がいると近づいてくる、この時幾らか煙草を分け与えれば、人間に害はないとされる。

この項目のリッチレイアウト

キムナイヌ

ソーシャルリンク