キアン

Cian

地域・カテゴリ

説明

島のケルト神話における太陽神。医術の神ディアンケトの息子で、魔神バロールを倒すことになる光の神ルーの父親。彼は牧童として、ガヴィジーン・ゴーという職人が飼っていた魔法の牛の面倒を見ていた。この牛は魔神バロールの宮殿を造った功績として、ガヴィジーン・ゴーが魔神から授かったもので、一度に200樽もの乳を出すといわれていた。だがキアンはこの牛を逃がしてしまい、牛は本来の主人であるバロールのもとへと帰ってしまった。キアンは慌てて牛の後を追い、海神マナナン・マクリルの助けを借りてバロールの地下帝国へとたどり着く。そしてそこで、美しいバロールの娘、月の娘エフネと出会う。彼女は、その息子が自分を滅ぼすという予言を恐れたバロールによって幽閉されていたのだが、キアンはエフネと恋に落ち、そして光の神ルーが生まれ、予言どおりルーはバロールを倒すことになる。だがキアン自身はフォモールとの戦いの最中に知恵の神エクネ(Ecne)によって殺されてしまった。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

キアン

ソーシャルリンク