華歯(けし)

Puṣpadantī

地域・カテゴリ

説明

仏教において普賢菩薩の眷属とされる十羅刹女の一人。「施華(せけ)」とも呼ばれる。サンスクリット名を「プシュパダンティー(Puṣpadantī="華の歯"の意)」といい、(花のように)上下の歯牙が並んでいるためにこう呼ばれるとされる。本地は不空成就如来とされ、右手を垂れ手のひらを前に開き、左手に如意宝珠を持った姿で表される。また別伝では除難障の意をもって白仏を持つという。

画像一覧

華歯

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

キーワード

この項目のリッチレイアウト

華歯(けし)

ソーシャルリンク