ケデシェト

Qedeshet

地域・カテゴリ

説明

「カデシュ」とも。もともとシリアで信仰されていた女神だが、古代エジプト王国においても信仰された外来神。愛と豊穣を司る女神で、エジプトでは病気や怪我を治す神としても信仰された。ケデシェトはライオンの背に乗った花と蛇を手にした女性の姿で描かれるが、特筆すべきは他のエジプトの神々の殆どが横向きに描かれるのに対して、ケデシェトは正面を向いた姿で描かれる場合が多いことである。同じく外来神であるレシェフの妻とされ、またセクメトと同体、あるいはセクメトの娘ともされる。他にもハトホルと同一視され"レーの娘"とされたり、他の外国起源の女神、つまりアナトアスタルテと関連視されることもあった。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ケデシェト

ソーシャルリンク