川赤子

かわあかご

地域・カテゴリ

説明

鳥山石燕が画集「今昔画図続百鬼」の中で、河童の一種ではないかと説明している赤ん坊の姿をした妖怪。石燕は獅子のような顔をした赤ん坊がまるで捨てられているように川岸の茂みにいる姿を書いている。石燕によれば山の川の藻などにまぎれている赤子のような姿をした妖怪だという。多田克巳の「絵解き画図百鬼夜行の妖怪」によれば、これは糸ミミズを「赤子」とも呼んだことに因む絵遊びであり、そのために背景にいかだと釣り竿が描かれているのだとしている。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

川赤子

ソーシャルリンク