カーリー

Kali, Kālī

地域・カテゴリ

説明

インド神話において、シヴァの妻であるパールヴァティーがとる様々な姿の一つで、その中でも最も恐ろしい神格。元々はベンガル地方の一女神であった。名前は「時・期間」あるいは「黒」を意味し、牙のある口、長い舌、真っ黒な体、獲り縄、頭蓋骨のついた杖、剣、生首をそれぞれ持った四本の腕で表される。またシヴァのように額に第三の目を持っている。ドゥルガーが怒った時にその額から発現したとされる。身体には蛇を巻きつけ、自分の子供達の無数の首を繋げて首飾りにしているという。元々はパールヴァティーと別の神格だったものが、シヴァ信仰に伴ってパールヴァティーに吸収されたと考えられている。カーリーは恐ろしい神格ではあるが、この恐ろしさは悪魔や死を滅ぼすために必要だと考えられている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

カーリー

ソーシャルリンク