金山毘古神

かなやまびこのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する鉱山を守護する神。「金山毘古神」は「古事記」での表記で、「日本書紀」では「金山彦(かなやまびこ)」の名で記される。伊邪那岐命伊邪那美命の御子神「三十五神」の一柱で、伊邪那美命が火之迦具土神を産んで苦しんだ際に吐(たぐり=嘔吐物)から金山毘売神と共に生まれた。鉱石を溶かした時にできるかすを「金屎(かなくそ)」と言うが、その金屎が嘔吐物に似ていることから想像された神と考えられる。

金山を始めとする全ての鉱山と、鍛冶、製鉄などの金属を扱う職業を守護する神として現在も信仰されている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

金山毘古神

ソーシャルリンク