神倭伊波礼毘古命

かむやまといわれびこのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話において、初代天皇である「神武天皇(じんむてんのう)」の神話上の名。「古事記」では「神倭伊波礼毘古命」のほか「若御毛泥命(わかみけぬのみこと)」、「豊御毛泥命(とよみけぬのみこと)」など、「日本書紀」では同訓で「神日本磐余彦尊」のほか、「神日本磐余彦火火出見天皇(かむやまといわれびこほほでみのみこと)」、「狹野尊(さののみこと)」、「磐余彦尊(いわれびこのみこと)」などの別称がある。鵜葺草葺不合命玉依毘売命の間に生まれた子であり、兄弟には五瀬命稲氷命御毛沼命がいる。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

神倭伊波礼毘古命

ソーシャルリンク