神直毘神

かむなおびのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する神の一柱。古事記では「神直毘神」、日本書紀では「神直日神」と記述される。「かむ」は美称で「なおび」は「直す」の意で「枉(まが)=禍(まが)」に対応している。つまり穢れを直す神と解釈できる。伊邪那岐命が黄泉国(よもつくに)から帰ってきて、黄泉の穢れを洗い落とすために禊をしたとき、大禍津日神八十禍津日神に続いて、大直毘神とともに穢れを直すために生まれたとされる。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

神直毘神

ソーシャルリンク