賀茂別雷命

かもわけいかづちのみこと

地域・カテゴリ

説明

「山城国風土記逸文」などに言及される賀茂氏神系の神。「賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)」、「別分雷之命(わけいかづちのみこと)」、「加茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)」、「鴨若雷命(かもわけいかづちのみこと)」などの名でも呼ばれる。山城国風土記逸文に拠れば建玉依比売命が川で拾い上げた、「火雷神(ほのいかつちのかみ)」が変じた丹塗り矢によって身籠り生まれた子神とされる。神名にある「別雷(わけいかづち)」とは「若い雷」の意味を持ち、雷神の御子神であることを示すとされるが、氏族の祖として家を分けたことを示すという説もある。

京都市北区にある式内社「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」の主祭神として祀られるほか、「賀茂」、「鴨」、「加茂」などの名が付く全国の賀茂氏神系の神社で祀られる。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

賀茂別雷命

ソーシャルリンク