カマウェトー

Camahueto

地域・カテゴリ

説明

チリのチロエ島において伝承される海の怪物。その姿は巨人だったり、あるいは額の中央に一本の角が生えた雄牛、あるいは子牛だったりと様々に伝えられている。川の上流で生まれたタツノオトシゴが成長するに従って大きくなり川を下って巨大になったもの、とされることもある。また「海のチヴァト」とされる事もある。しかし姿がどうであれ水棲の怪物であり、牙や鉤爪を使って崖をくりぬき隠れ住んでおり、近づいた船を襲い人を食べる危険な怪物であることには変わりない。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

カマウェトー

ソーシャルリンク