カマローグ

地域・カテゴリ

説明

沖縄の渡名喜島における河童のような妖怪。八重山では「カマローマ」と呼ばれる。「カマロ」とは禿のこと。裸で真っ赤な体をした子供のような風貌で、虎のような顔に甲と鱗があるという。カマローグの通り道は決まっており、カマローグに出会うことは避けられる。梯梧などの木の辺りに住んでいるといわれる。

この項目のリッチレイアウト

カマローグ

ソーシャルリンク