香用比売

かがよひめ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」に言及される女神。「カヨヒメ」とも訓む。「香用比売命(かがよひめのみこと)」とも呼ばれる。大年神との間に「大香山戸臣神(おおかがやまとおみのかみ)」、「御年神(みとしのかみ)」を産んだ。本居宣長は香用比売の神名は「輝(かがや)く」からきたもので、光り輝くように美しい神であることを讃えるものと解釈している。

この項目のリッチレイアウト

香用比売

ソーシャルリンク