香山戸臣神

かがやまとおみのかみ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」に言及される神で、大年神天知迦流美豆比売の間に生まれた子神の一柱。「香山戸神(かがやまとのかみ)」、「香山戸命(かがやまどのみこと)」などの名前でも呼ばれる。名義は定かではないが、「古事記伝」においては「カガ」を輝く、「ヤマト」を「山処」として山里の意と解釈している。香山という場所(戸=処)の「大身(おおみ)」の神、と解釈する説もある。同じく大年神を親とする異母兄弟の神に「大香山戸臣神(おおかがやまとおみのかみ)」という似た名前の神がいる。一部の日吉神社に配祀される。

この項目のリッチレイアウト

香山戸臣神

ソーシャルリンク