カー

Ka

地域・カテゴリ

説明

古代エジプトで、バーと一緒に人間を構成する要素(霊魂)の一種として考えられていたもの。青いフェニックスの姿をしているとされる。カークヌムが人間を作った時に一緒に作ったもので、生まれたときから人間にあるものであり、死後にも人間の身体の特徴を備え、その人の死後の代役になるとされていた。また、カーは人間の身体から完全に独立する事が出来ず、死後も食べたり飲んだりする必要があり、このために人々は死者に供え物をしたのである。供え物が途絶えたりするとカーは消滅する。カー・バーの思想が中国や日本に伝わり魂魄になったとされる。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

カー

ソーシャルリンク