十六大菩薩

じゅうろくだいぼさつ

地域・カテゴリ

説明

仏教において金剛界曼荼羅の四方四仏に侍る親近四尊を合わせた16尊の総称。成身会、微細会、供養会、降羯摩会(金剛薩埵を除く)に配される。また四印会では各方位の代表として金剛薩埵、金剛宝菩薩金剛法菩薩金剛業菩薩が配され、理趣会では金剛薩埵が主尊として中央に配される。

胎蔵界曼荼羅の金剛手院には、十六大菩薩のうち金剛薩埵、金剛王菩薩金剛牙菩薩金剛拳菩薩が配される。

この項目に関する表

十六大菩薩
方位 主尊 名称(漢名・梵名)

東輪

阿閦如来

01 西(上): 金剛薩埵

02 北(右): 金剛王菩薩

03 南(左): 金剛愛菩薩

04 東(下): 金剛喜菩薩

南輪

宝生如来

05 北(右): 金剛宝菩薩

06 東(下): 金剛光菩薩

07 西(上): 金剛幢菩薩

08 東(下): 金剛笑菩薩

西輪

阿弥陀如来

09 東(下): 金剛法菩薩

10 南(左): 金剛利菩薩

11 北(右): 金剛因菩薩

12 西(上): 金剛語菩薩

北輪

不空成就如来

13 南(左): 金剛業菩薩

14 西(上): 金剛護菩薩

15 東(下): 金剛牙菩薩

16 北(右): 金剛拳菩薩

キーワード

この項目のリッチレイアウト

十六大菩薩

ソーシャルリンク