石拆神

いわさくのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本の記紀神話に登場する神。「石拆神」は古事記での表記で、日本書紀には同訓で「磐裂神」と記される。伊邪那岐命が妻伊邪那美命の死の原因となった子供である火之迦具土神を刀で斬った時、生まれた神のひとり。名前は「岩を割く神」という意味なので、岩を割るほどの威力を持ったもの(例えば雷や刀)に対する神名だと考えられる。一方で「サク」を動詞「さくむ(踏み分けていくの意)」の変形と考えれば、凹凸のある石を司る神とも考えられる。根拆神とは対の神である。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

石拆神

ソーシャルリンク