石長比売

いわながひめ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する女神。「石長比売」は古事記での表記で、日本書紀では同訓で「磐長姫」と記される。大山津見神の娘で木花之佐久夜毘売とは姉妹だとされる。名前は岩のように長い生命を司る神力を表したもの。天孫邇邇藝命が木花之佐久夜毘売に一目ぼれして求婚したとき、大山津見神は是非にと姉の石長比売も献上した。ところが木花之佐久夜毘売と違って石長比売は醜かったため、邇邇藝命はすぐに石長比売を送り返してしまった。実は木花之佐久夜毘売は華やかな繁栄を、そして石長比売は長々しい永久不変の生命を司る女神であった。天孫皇族が不老長寿でなくなったのはこの時からだとされている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

石長比売

ソーシャルリンク