イツトラコリウキ

Itztlacoliuhqui

地域・カテゴリ

説明

アステカにおいて石や冷気、罪や苦難を司る神。名前は「黒曜石のナイフ」を意味する。全く静的な状態(無気力、無感覚)にある物質を表し、人間の社会に災いを振りまくものと考えられていた。彼はかつては「曙の王」トラウィスカルパンテクートリと呼ばれていたが、太陽神トナティウに挑み、敗れた為に、この姿へと変化させられた。以来彼は、太陽が昇るまでのわずかな時間だけ輝くことのできる「明けの明星」(金星)として存在することになった。テスカトリポカの異なる姿の一つとされ、トナルポワリ(260日暦)の20あるセンポワリ(暦日)のうち13番目の「アカトル(葦)」をテスカトリポカと共に守護する。しばしば矢が額に刺さった姿であらわされる。

画像一覧

イツトラコリウキ(Itztlacoliuhqui)

1901
「テリェリアーノ・レメンシス絵文書(Codex Telleriano-Remensis)」より
ロストック大学図書館(Universitätsbibliothek Rostock)蔵
Copyright: public domain

イツトラコリウキ(Itztlacoliuhqui)

1898
「ボルギア絵文書(Codex Borgia)」より
ロストック大学図書館(Universitätsbibliothek Rostock)蔵
Copyright: public domain

キーワード

この項目のリッチレイアウト

イツトラコリウキ

ソーシャルリンク