五瀬命

いつせのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本神話において、鵜葺草葺不合命の子であり、神倭伊波礼毘古命の兄の一人。「彦五瀬命(ひこいつせのみこと)」とも呼ばれる。神名の「五瀬(いつせ)」は「厳稲(いつしね)」、つまり強い霊力の持つ穀霊神だと解されている。天皇とともに九州から東征したが、途中で重症を負い、和歌山の竈山(かまやま)に葬られたとされる。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

五瀬命

ソーシャルリンク