石己呂和居命

いしころわけのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本の神で、数多くいる大水上神の子神の一柱とされる神。伊勢皇大神宮内宮の摂社で三重県度会郡玉城町にある鴨神社(かもじんじゃ)、及び末社の鴨下神社(かもしもじんじゃ)に祀られる。同訓で「石古呂和居命」とも記される。鈴木重胤は「イシコロワケ」とは「石凝別(いしこりわけ)」の意で石を穿つ水の力を神格化したものと解している。鴨神社においては御前神と、鴨下神社においては「鴨比古命(かもひこのみこと)」および「鴨比女命(かもしめのみこと)」と合祀されている。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

石己呂和居命

ソーシャルリンク