イラマテクートリ

Ilamatecuhtli

地域・カテゴリ

説明

メソアメリカ中央部における古代の女神。大地、天空、トウモロコシ(メイズ)を司る。年老いて乾燥したトウモロコシの穂の女神でもあったイラマテクートリは、アステカの365日暦の暦月の最後、18番目の月の「ティティトル(「縮んだ、しおれた、しわのある」の意)」という祭儀で祀られた。また昼の神々「トナルテウクティン」の最後の13番目を担う。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

イラマテクートリ

ソーシャルリンク