伊怒比売

いぬひめ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」に言及される女神。「イノヒメ」とも訓む。「神活須毘神(かむいくすびのかみ)」の子で、大年神との間に「大国御魂神(おおくにみたまのかみ)」、「韓神(からのかみ)」、「曽富理神(そおりのかみ)」、「白日神(しらひのかみ)」、「聖神(ひじりのかみ)」の五柱の神を設けた。出雲の秋鹿郡に「伊農/伊努(いぬ)」と呼ばれる郷名があり、この地に関わる神かもしれない(参考→赤衾伊努意保須美比古佐倭気能命)。愛知県名古屋市西区にある「伊奴神社(いぬじんじゃ)」は「伊奴姫神(いぬひめのかみ)」、「伊奴天神(いぬてんじん)」の名で伊怒比売、及び夫神とその親である大年神、須佐之男命を祭神とする。

この項目のリッチレイアウト

伊怒比売

ソーシャルリンク