イマイマナ・ヴィラコチャ

Imaymana Viracocha

地域・カテゴリ

説明

アンデスの創世神話においてコン・ティクシ・ヴィラコチャの二つに割れた化身の片方、ないし長男として登場する神。コン・ティクシ・ヴィラコチャがティティカカ湖で世界を創造した後、道すがら花の咲く時期や実をつける時期を決め、人間達にそれら木々や植物の名前と、どれが食べられるか、どれが薬になるかなどを教えた。最後にマンタという地でコン・ティクシ・ヴィラコチャとイマイマナ・ヴィラコチャ、トカポ・ヴィラコチャの三人は合流し、海の上を歩いて水平線のかなたへと去っていったという。

この項目のリッチレイアウト

イマイマナ・ヴィラコチャ

ソーシャルリンク