活津日子根命

いくつひこねのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に見える神。古事記では「活津日子根命」、日本書紀では「活津彦根命(同訓)」、「活目津彦根命(いくめつひこねのみこと)」と記載されている。天照大御神須佐之男命の間に誓約(うけい)が行われた時に生まれた男神五柱のうちの一柱。同じく誓約によって先に生まれた天津日子根命と対になる神であり、神名は「生き生きとした太陽の子たる神」といった意味だと解される。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

活津日子根命

ソーシャルリンク