伊賀古夜日売

いかこやひめ

地域・カテゴリ

説明

「山城国風土記逸文」に登場する女神。伊賀古夜日売の他に同訓で「伊可古夜日女」の表記も見える。また「神野伊加許也姫神(かんのいかこやひめのかみ/かむぬいかこやひめのかみ)」の名でも呼ばれる。「山城国風土記逸文」に拠れば賀茂氏の祖神である賀茂建角身命は、丹羽国(現在の兵庫県)の「神野(かみの)」の神であった伊賀古夜日売を娶ったという。ここで言及される「神野」とは現在の兵庫県丹波市氷上町御油にある「神野神社(かんのじんじゃ)」のことと考えられるが現在の神野神社は伊賀古夜日売を祭神としない。神名の「イカコヤ」の名義ははっきりとはしないが、子神の説話に丹塗り矢が登場することから「赫矢(かぐや)」と関連しているのではないかと考えられる。賀茂建角身命との間に「玉依日子(たまよりひこ)→建玉依比古命」、「玉依日売(たまよりひめ)→建玉依比売命」を生み、このうち玉依日売は賀茂別雷命の親となった。

夫神の賀茂建角身命や子神の建玉依比売命とともに式内社「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」の摂社である「三井神社(みついじんじゃ)」に祀られる。

この項目のリッチレイアウト

伊賀古夜日売

ソーシャルリンク