伊我利比女命

いがりひめのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本の神道における女神の一人。伊勢神宮外宮の豊受大神宮の末社である「伊我理神社(いがりじんじゃ)」に祀られる神。「類聚神祇本源」に引かれる「長徳検録」の記述から、過去の伊我理神社は豊受大神宮の御常供田(みじょうくでん)のすぐそばの場所で、御常供田の種下始めの神事のことを「鍬山伊我利神事(くわやまいがりのしんじ)」と呼んでいたことから、神田と深い関係がある神であったと考えられる。このことから「伊我利」とは「五十苅(いかり)」、「稲許(いがり)」など稲田を表す言葉を元にしたものではないかとされる。前述のように伊我理神社で祀られるほか、伊勢神宮内宮の皇大神宮の別宮である月讀宮の末社である「葭原神社(あしはらじんじゃ)」には五穀の神の一柱として「伊加利比売命(いかりひめのみこと)」という神が祀られている。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

伊我利比女命

ソーシャルリンク