伊豆能売神

いづのめのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する神の一柱。「古事記」や「延喜式神名帳」にその名がみえるが、「日本書紀」では言及されない。名前の「イヅ」は「厳(イツ=清められていること)」を意味するとされる。伊邪那岐命が黄泉国(よもつくに)から帰ってきて、黄泉の穢れを洗い落とすために禊をしたとき、穢れを落とすために生まれた大直毘神神直毘神に次いで生まれた神とされるため、両神と同じく直毘(穢れを清める)の神と考えられる。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

伊豆能売神

ソーシャルリンク