ヒュミル

Hymir

地域・カテゴリ

説明

北欧神話に登場する巨人(ヨツン)族の一人。名前は「暗き者」を意味する。アサ神族であるティウとティルの二神の父親だが、アサ神族に先祖を殺された憎悪を持っている。世界の東の果てに住んでおり、天空ほどもある巨大な酒瓶を持っているとされる。あるときアサ神族で大きな酒瓶が必要になったため、トール神がヒュミルに酒瓶を借りに行った。この時二人は力比べ釣りなど様々な勝負をするが、様々な伝承の多くでヒュミルは結局死に、酒瓶はアサ神族のものとなる(ヒュミルが快く酒瓶を渡したとする伝承もある)。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ヒュミル

ソーシャルリンク