氷迦羅天(ひょうからてん)

Piṅgala

地域・カテゴリ

説明

仏教において天部(→)に属する神の一尊。サンスクリット名を「ピンガラ(Piṅgala)」といい、「氷掲羅(ひょうから)」、「氷誐羅(ひょうがら)」、「賓伽羅(ひんから)」、「畢里孕迦羅(ひりようから)」などと音写する。また別名を「愛子(あいし)」といい、鬼子母神が「愛子母(あいしも)」と呼ばれることがあるのはこのためである。「ピンガラ」は黄色や黄金色を指すが、漢訳では「青色」と訳される。鬼子母神の末子であり、悪鬼であった鬼子母神が改心するきっかけとなった。「氷掲羅天童子経」などに拠れば、施福守護の仏尊であり、一花一誦を十万回繰り返せば必ず来現し願いを満たしてくれるという。

金剛界曼荼羅の成身会などの外院南方(右側)に配される。像容は童子形で花葉に坐し、片手に吉祥果を持ち、片手は手のひらを向けて垂らす。

種字は「टि(ṭi)」、「ल(la)」、印相は虚心合掌、真言は「唵㨖苾㨖儞娑嚩訶(おんちしゅちにそわか)」、三昧耶形は火焔。

画像一覧

氷揭羅天

「諸尊図像鈔」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

氷揭羅天

「諸尊図像鈔」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

氷揭羅天

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 天之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

キーワード

この項目のリッチレイアウト

氷迦羅天(ひょうからてん)

ソーシャルリンク