フッラ

Fulla

地域・カテゴリ

説明

北欧神話において、フリッグの侍女であり、アサ神族。神話においてはゲフィヨンとともに処女であることが強調されている。父と母は不明。フリッグは夫である主神オーディンを牽制する策略かとしての一面を持っているが、フッラは侍女であると共にその計略を補佐する密使としてフリッグの秘密に深く関与しているといわれる。アサ神族の世界であるアスガルズを離れる事が少ないフリッグの代行者として、人間界であるミズガルズなどの他の世界をひそかに訪問することもあった。フッラの遣わした策略によって、フリッグはオーディンの養子であるゴート族の王ゲイルロドの信用を失墜させ、忙殺している。

髪をほどいて垂らし、頭もしくは首に黄金の輪をはめているとされる。侍女としてフリッグの長櫃を携え、履物の世話をする。フッラの神話的起源は古く、ドイツの伝承にもフッラに相当する神「フォッラ」の名前が見える。フォッラは北欧神話におけるフリッグの前身である、女神フリーアの姉妹とされている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

フッラ

ソーシャルリンク