フローラ

Flora

地域・カテゴリ

説明

ローマ神話における花と春、豊穣を司る女神。春に植物の花を開花させる。ローマ帝政初期の抒情詩人オウィディウスの伝えるところによれば、フローラはもともとギリシア語名をクロリスというニンフであったが、西風の神ゼフィロスにさらわれてその妻となり、花の女神としての職分をこの夫から与えられたという。また、ユノはフローラにもらった奇跡の花で、ユピテルの種に頼らずにマルスを産んだため、これを記念して春の最初に月である3月がマルスの月になったとされている。彼女の祭り「フロラリア」は性的に放埓なものとなる。

キーワード

参考文献

  • 01西洋神名辞典 DICTIONARY OF GODDESSES AND GODS
    • 監修:山北篤
    • 著者:稲葉義明、桂令夫、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 09ヴィジュアル版
    世界の神話百科 ギリシア・ローマ/ケルト/北欧
    • 著者:アーサー・コットレル
    • 翻訳:松村一男/蔵持不三也/米原まり子
    • 発行者:成瀬雅人
    • 発行所:株式会社原書房

この項目のリッチレイアウト

フローラ

ソーシャルリンク