布波能母遅久奴須奴神

ふはのもぢくぬすぬのかみ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」において須佐之男命の子孫の系譜を語る段に登場する男神。八嶋士奴美神木花知流比売との間に生まれた子神で、日河比売との間に深淵之水夜礼花神を生んだとされる。名義は明らかではないが、「布波」はおそらく地名で「能」は助詞、「母遅」は大己貴命(→大国主神)などにみえる貴い人を指す「貴(むち)」の変化、ないし「持(もち)」、「久奴」は「国主」、「須奴」は「知主」の変化かと考えられる。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

布波能母遅久奴須奴神

ソーシャルリンク