鄷都大帝(ほうとたいてい)

Fēng-dū dà-di

地域・カテゴリ

説明

中国道教で仏教の地獄に対応するように作られた道教の地獄の長官。道教では泰山にも地獄があり、東岳太帝がこれを統治しているとされるが、これはもともと霊山であった泰山に地獄の機能を持たせたものなので純粋な地獄という感じがしない。そこで仏教のような純粋な地獄があると考えられるようになり、その首都が鄷都だとされた。鄷都には鄷都山(羅鄷山ともいわれる)という巨大な山が存在しており、そこに裁判所の機能を持つ六つの宮がある。ここで裁判を受けた死者は山のあちこちにある24の地獄に堕とされる。この鄷都を仕切っているのが鄷都大帝で、純粋に死者を裁く閻魔のような存在であり、その点で東岳太帝とは趣を異にしている。鄷都は5世紀頃には中国のはるか北方にあるとされたが、後世になって四川省鄷都県にその入り口があると考えられるようになった。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

鄷都大帝(ほうとたいてい)

ソーシャルリンク