人狐

ひとぎつね

地域・カテゴリ

説明

日本において、狐憑の一種を起こすされる妖怪。「にんこ」とも読む。島根県の出雲、隠岐地方などに出現するとされる。人狐は子猫ほどの大きさで、胴体は細長く、茶褐色をしている。群れをなし、後ろ足だけで立って前足をかざして周囲を見回す癖があるとされる。人狐が憑いた家は「狐持ち」と呼ばれ、人狐はどこからか金を加えてくるので狐持ちの家は豊かになる。人に人狐が憑くとその人は狐のような振舞いをし、奇妙なことを口走るようになるという。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

人狐

ソーシャルリンク