ヒラニヤークシャ

Hiraṇyākṣa

地域・カテゴリ

説明

ヒンドゥー教に登場する魔神。ダイティヤの一人でヒラニヤカシプの兄弟。名前は「黄金の目」を意味する。ブラフマーからの恩恵を受けていたおかげで強大な力を持っており、その力で神々を脅かしたが、野猪(ヴァラーハ)と化したヴィシュヌによって退治された。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

ヒラニヤークシャ

ソーシャルリンク