日子穂穂手見命

ひこほほでみのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話にみえる神。本名は「天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみのみこと)」だが、略して日子穂穂手見命と呼ばれる。「火遠理命(ほおりのみこと)」、「火折尊(ほのおりのみこと)」、「火折彦火火出見尊(ほおりひこほほでみのみこと)」、「彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)」、「山佐知毘古(やまさちびこ)」など多くの別称がある。また一般的には「海幸山幸」物語の「山幸彦(やまさちひこ)」として知られている。邇邇藝命木花之佐久夜毘売の間に出来た三神の末子で、火照命(海幸彦)は兄にあたる。豊玉毘売命との間に鵜葺草葺不合命をもうける。

猟師である山幸彦と、漁師である海幸彦の兄弟はお互いの仕事に飽きて、互いに道具を取り替えて出かけたが、海幸彦は兄の大切にしていた釣り針をなくしてしまう。釣り針を返すように責められた山幸彦は、塩椎神の計らいにより綿津見神の宮に赴き、海神の娘豊玉毘売命を娶り、釣り針と潮満瓊(しおみつたま)、潮涸瓊(しおひるたま)とを得て帰り、兄に釣り針を返した。兄の海幸彦は以前のように魚がつれなくなったと山幸彦に言いがかりをつけたため、山幸彦は潮満瓊と潮涸瓊を使って兄を懲らしめたという。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

日子穂穂手見命

ソーシャルリンク