ヘーニル

Henir, Hœnir

地域・カテゴリ

説明

北欧神話において人間の創造に携わった神。アサ神族だと考えられている。しかし、古代北欧において崇拝されていた神ではないらしく、神話の中でも信奉すべき神々の序列には名を連ねていない。足が長く姿は美しいが器量に乏しい神だといわれている。オーディンの随行者として知られ、ロキとともにしばしばオーディンの旅に同行しているが、大きな働きはしていない。最初の人間であるアスクとエムブラが、それぞれトネリコとニレの木から作られたとき、オーディンが息を吹き込み、ヘーニルが心を授け、ロドウルが体温と姿形を与えたという。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

ヘーニル

ソーシャルリンク