速秋津比売神

はやあきつひめのかみ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」に登場する水門の神。伊邪那岐命伊邪那美命による神産みにより生まれた三十五神の一柱で、速秋津日子神とともに9番目に生まれた。名前の「ハヤ」は美称、「アキツ」は諸説あるが「開き門」と解釈し「開いて通過する所=港」、あるいは「明津」と解釈し「禊」を意味すると考えられている。この両神の代わりに、「日本書紀」には伊邪那岐命と伊邪那美命の子として速秋津日命が登場する。

速秋津日子神と速秋津比売神との間には沫那芸神沫那美神頰那芸神頰那美神天水分神国水分神天之久比奢母智神国之久比奢母智神の八柱が生まれているが、この子神たちも三十五神に数えられている。

この項目のリッチレイアウト

速秋津比売神

ソーシャルリンク