ハウス・シュミードライン

Haus-schmiedlein

地域・カテゴリ

説明

ボヘミアの民間伝承に登場する鉱山の妖精。名前は「小さな家付き鍛冶屋」の意。その姿は滅多に見られないとされるが、小さな老人の姿で、不恰好なほど大きい頭を持ち、鉱夫と同じ服装をしているとされる。ノッカーのように坑道の壁の中から音を立てて銀の鉱脈の在り処を教えてくれるとされる。また落盤が起きるときもあらゆる方向から音を立てることで教えてくれる。鉱夫達は彼らに対するお礼として坑道の中に子供服や食べ物を置いていく。

この項目のリッチレイアウト

ハウス・シュミードライン

ソーシャルリンク