ハウミア・チケチケ

Haumia-tiketike

地域・カテゴリ

説明

ニュージーランドのマオリ神話において、ギ・ヌイパパ・ツ・ア・ヌクの間に生まれた六柱神の一人。名前は「そびえ立つハウミア」といった意味。単に「ハウミア(Haumia)」と呼ばれることもある。植物、特にワラビの根茎(かつて主食として食べられていた)や耕作によらない食物(つまり採取できる野生の実など)の神。ハワイのハウメア、ツアモツ諸島のファウメアに相当する。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ハウミア・チケチケ

ソーシャルリンク