八王子神

はちおうじしん

地域・カテゴリ

説明

元々仏教において二万いた日月灯明仏(釈迦以前に法華経を説いた仏)の最後の仏が出家する前にもうけたとされる「有意」、「善意」、「無量意」、「宝意」、「増意」、「除疑意」、「嚮意」、「法意」の八人の王子の事。彼らは父親が出家すると、次々と王位を捨て父に倣い出家したとされる。しかしそれとは別に日本仏教においては代表的な説として牛頭天王の子供とされる、「相光天王(そうこうてんのう)」、「宅相神天王(たくそうしんてんのう)」、「倶魔羅天王(くまらてんのう)」、「徳達神天王(とくたつしんてんのう)」、「魔王天王(まおうてんのう)」、「羅侍天王(らじゅてんのう)」、「達尼漢天王(たつにかんてんのう)」、「侍相神天王(じゅそうしんてんのう)」の八人(祇園牛頭天王縁起による)を挙げる。

また神道では天照大御神須佐之男命の誓約(うけい)によって生まれた五男三女(いおしめ)、つまり天之忍穂耳命天之菩卑能命天津日子根命活津日子根命熊野久須毘命の五男、多紀理毘売命市寸島比売命多岐都比売命の三女を合わせた八柱、或いは須佐之男命の御子神である八嶋士奴美神五十猛神大屋津姫命柧津姫命大年神宇迦之御魂神大屋毘古神須勢理毘売の五男三女の八柱とする。

参考文献

  • 18日本の神様読み解き事典
    • 著者:川口謙二
    • 編集:川口謙二
    • 発行者:芳賀啓
    • 発行所:柏書房株式会社

この項目のリッチレイアウト

八王子神

ソーシャルリンク